新着記事

中高年のアダルト情報!セックスできる店探し

みなさんはAVを観ていて、

 

「いいなー♪ おれも一度くらいAV男優になってみたいなあー♪」

 

なーんて思ったことがありませんか?

 

わたしはAVをみるたびにそう思っています(笑)。

 

だって普通に暮らしてたらあんなエロカワ女子のオマンコをくぱっとしたり舐めたりできません。

 

男なら誰でもああいう女子と絡んでみたいって思いますよね。

 

 

でも、男優さんってわたくしどもAVユーザーが考えるほど楽しいわけじゃないみたいです。

 

もう2年ほどまえになるでしょうか。わたし、「元AV男優」という人と何度か酒を飲んだことがあるんです。

 

「あれ、この人どっかでみたことあるなあ」

 

と思って話しかけたら、その彼(推定45才)がいわゆる「キモ男」としてわりと頻繁にAVに登場していた元AV男優だったんです。

 

「キモ男」というのは、AVにおけるひとつの「定番キャラ」で、ルックスが不潔っぽく、変態っぽくて、まあ、とにかく気持ち悪い男なわけです(笑)。

 

そういうキモ男に美少女や美人妻がワイセツなことをされる、そういう場面をみて我々は、

 

「よーし! こんなキモ男でも美形マンコをゲットできるなら、おれでもいけるぞ!」

 

と錯覚し、無駄にチンコを勃ててしまうわけですね(笑)。

 

もちろん実際のその彼も、前歯が欠けていて、落ち武者みたいな感じの脱毛症で、どチビで、デブで、わたし以上にキモいルックスをしていました(笑)

 

中高年

 

わたしはさっそくかねてから気になっていた質問を彼にぶつけてみました。

 

「やっぱりカメラが回っていても女優とオマンコすると気持ちいいもんなんですか?」

 

「そりゃあ女優さんって綺麗だし、カラミも上手いし、やってるときは夢中になるよ」

 

「男優さんってみんないくときのタイミングをコントロールできるもんなんですか?」

 

「ベテランならある程度できるんじゃない。でも、『出すタイミング』より『勃つべき場面で勃たたせる』ってことのほうが重要。なにしろAVだからチンコが勃たないことには始まらない。モザイクかけても勃起はごまかせないから」

 

なるほど。なるほど。で、勃たないときはどうするんですか?

 

「『勃ち待ち』っていって撮影を中断して男優が部屋で一人にさせられるの。で、一人でエロい妄想をしながらチンコをしごきまくるわけ。それで勃てばまだいいんだけど、ふにゃふにゃのまんまだと焦るよおー。スタッフは男ばっかりだから気持ちはわかってくれてる。だから誰もおれを責めたりはしないんだけど、やっぱ『勃ち待ち』されてると、かなりつらいね」

 

バイアグラとか飲んでもだめなんですか?

 

「どうだろう。おれは飲んだことないなあ。当時は知り合いの男優でも飲んでるやつは少なかったなあ」

 

結局その彼は男優をつづけていくうち、どんどん「勃ち待ち」の回数が増えていって、そのプレッシャーに耐えられずにAV業界を引退したんですって。

 

「まあ、男優になりたいやつなんかいっぱいいるからね。AV男優を続けるにはとにかく『勃ち』がよくないとだめ。人形は顔が命。男優は勃ちが命、てか(笑)」

 

そのキモ男はしょーもない冗談をいってフワフワと笑いました。

 

結局のところ、オマンコっていうのは金をもらってするもんじゃないってことですね。

 

とくにわたくしや彼のようなキモ男は、やっぱりきちんと対価を支払ったほうが気持ちいいです。

 

というわけでわたくしタコ社長は、今日も謙虚な気持ちで「オマンコ鑑定の旅」を続けています(笑)。

 

 

今回取材に訪れたのは、泡踊りじゃなく阿波踊り(笑)で有名な徳島県です!

 

徳島ってなかなか魅力的な観光名所がたくさんあります。

 

まず一番有名なのがやはり「鳴門の渦潮」でしょうか。

 

 

渦潮には、満潮と干潮前後の1時間の間に、船で接近します。

 

船のガラス床から渦を覗き込むとその迫力に圧倒されます。大潮時の潮速はもちろん日本一。

 

世界でも世界三大潮流のひとつに数えられているんですって。

 

わたしはその渦を眺めながら、なぜかスクリュー状のオマンコを想像してしまい、チンコを硬くしてしまいました(笑)

 

 

その他にも日本三大秘境の一つに数えられる「祖谷(いや)渓」や「奥祖谷観光周遊モノレール」、徳島の夜景を一望できる「眉山」など、たいへんユニークな自然を満喫できます。

 

 

郷土料理もたいへん美味しく、わたしは「アジの押し寿司」や「たらいうどん」「でこまわし」などを堪能しました。

 

そんな徳島の歓楽街といったらやはり栄町です。

 

通称「パンパン通り」にはちょんの間が並んでいて、かつては顔見世がなされていたようです。

 

 

でも、いまは店(というか住宅にしか見えませんが)の玄関にうす暗い電球が灯っているだけで、かつての面影はありません。

 

それでも一応「裏風俗」は続いているようで、暗がりに立ったやり手ババアにリサーチしてみたところ、「30分で1万円。デリバリーもあり」とのことでした。

 

でも、そのババアのルックスがあんまり恐ろしかったので利用するのは控えました(笑)

 

セックスができる店ですが妖怪でも出てきそうです(笑)

 

 

この町で営業しているソープは全部で6店舗。

 

今回わたしが潜入取材したのは「AQUA」というソープランドです。

 

 

このお店の第一印象はフレッシュ!

 

在籍しているのは20代のプリンプリンしたエロカワ女子が約40名。

 

料金設定は45分16,000円、70分23,000円、100分33,000円。(毎日ゲリラキャンペーンなど割引企画多数。詳しくはHPで)

 

今回わたしのデカチンを極上マンコでモミモミしてくれたのは「ま○ちゃん(20才)」でした!

 

「初めましてー♪ こんばんはー♪ ゆ○です♪ よろしくお願いしまーす♪」

 

待合の外で待っていたゆ○ちゃんは、色白で美乳の美少女でした。

 

アイドルグループにいそうな感じの瞳がキラキラした女の子です。

 

こういう女子と並ぶとわたしの「キモ男っぽさ」が際立って、ますます興奮してきます(笑)。

 

それにしてももし街中でゆ○ちゃんをみかけたら、彼女が泡姫だって思う人はまずいないでしょうね。

 

それどころかまだチンコなんかみたこともないおぼこい女子だと感じるはずです。

 

毎度のことではありますが、女の子ってルックスだけじゃなにをしているかなんてまったくわかりません。

 

「ゆ○ちゃんはいくつのとき初めてオマンコしたの?」

 

プレイルームで服を脱ぎながらわたしは彼女に質問を始めました。

 

「中学3年のときだから……15才のときです♪」

 

「15才!? けっこう早いんだね。で、その相手は?」

 

「近所に住んでた大学生♪ その人、わたしの家庭教師だったんです♪」

 

チッキショー! 大学生が中学生に手をつけるなんて! とんでもない男だ! 

 

わたしは内心激しい嫉妬にかられながら、冷静さをよそおって質問を続けました。

 

「初めてのときはやっぱり痛かった?」

 

「それがそうでもなかったんです♪ いまから考えるとその大学生がすごくエッチが上手だったんだと思います♪」

 

「………具体的にいうと?」

 

「きっとわたし自身もすっごくエッチに興味があったんでしょうね♪ 最初はキスだけだったんですけど、それだけでわたしもううっとりなっちゃって………そのあとうちにくるたびどんどんやることがエスカレートしてって、おっぱい触られたり、パンツのうえからアソコを撫でられたリするようになって、頭のどこかではまずいって思ったんだすけど、とにかくそうされると気持ちよくって、拒めなくて………」

 

「それで!?」

 

「その流れで、うふふ♪ エッチしちゃいました♪」

 

「クンニとかされたの!?」

 

「はい♪」

 

「フェラは!?」

 

「もちろんしちゃいました♪」

 

「………」

 

結局ゆ○ちゃんは初めてのときにはすでに指とかクンニでかなりオマンコを揉みほぐされていて、それでチンコを挿入されたときもそのほどの痛みを感じなかったんですって(笑)。

 

わたしは中学生だったゆ○ちゃんが、大学生のチンコをフェラーリする光景を想像し、早くもチンコをフル勃起させました。

 

「でも、初めての相手が気持ちよ過ぎたせいで、そのあと付き合った男子とはなかなかうまくエッチができませんでした♪」

 

「………どういうふうに?」

 

「みんな、わたしが口でしてあげただけで、すぐいっちゃうんです♪」

 

それはあのね、ゆ○ちゃん………。君のフェラーリが年齢のわりに上手すぎたせいだよ(笑)。

 

「うふふ♪ でもしょうがないです♪ わたし、お口でしてあげるの大好きなんだもん♪」

 

ううううううう。なんてエロ可愛い女子なんでしょう!

 

「さあ、準備できました♪ こちらにどうぞー♪」

 

「はーい♪」

 

わたしは勃起チンコを弾ませながら浴室に入りました。 みなさん、ちかごろ20才の美形女子の裸をみたことがありますか?

 

これはもうお肌の輝きが違います! お肉の弾力がフレッシュです! お尻のエクボが芸術的です! まさに生きたバイアグラです!

 

 

おまけにゆ○ちゃんは体毛が少なく、腕とか足のお肌がツルンツルンです。

 

当然ですがマンコの毛も極端に少なく、赤ちゃんのほっぺたみたいにプルプルしてて、割れ目が丸見えになっています。

 

もう、眺めているだけで唾液が垂れそうになってくる割れ目です(笑)。

 

「ねえ、ゆ○ちゃん、さっきの話の続きだけど」

 

「はい?」

 

「初めてその大学生にクンニされたとき、気持ちよかった?」

 

「はい♪ もう、恥ずかしくて、でもめちゃめちゃ気持ちよくて、頭にカーッと血が上って、あっという間にいかされちゃいました♪」

 

ううううう。舐めたい……!

 

「ぼくも舐めていい?」

 

「はい♪ お願いします♪」

 

わたしはおもむろに手を伸ばして、その美しい割れ目をくぱあっと広げてみました。

 

お、おおおおお!

 

こ、これは! なんてビューチフルなマンコなんだあああああ!

 

きっとこのマンコは彼女が中学生のころから全然変わっていないんじゃないでしょうか(笑)。

 

色は全体に淡い桜色をしており、薄くて小ぶりな小陰唇が控えめに膣口を取り囲んでいます。

 

割れ目の上部で、包皮だけが三角に切り立っています。わたしが指でその包皮をずらすと、ムニュウっとオウムの舌に似たクリトリスが生まれてきました! 

 

そのクリが透明な愛液に濡れてつやつやと光っています!

 

こ、このクリをその大学生は舐めたのか………。

 

チックショー!

 

わたしはまたまた見当違いの嫉妬心をたぎらせ、そのクリにむしゃぶりついて舌で揉んで捏ねました。

 

「あ! あ、ああああん! だめですよー♪ そんなにしたら、ゆ○、すぐいっちゃいますうう♪ わたし、いきやすんですからあ♪」

 

ゆ○ちゃんはココア色をしたアナルのしわをキュウキュウと揉み合いながら甘い声をあげました。

 

「あ、だめえ! いく! いくいくいくいくいくうううう! あ、あああああああ!」

 

ゆ○ちゃんは両足をピーンとさせて、おしっこをチビらせながらいっちゃいました。

 

美少女の愛液と聖水は、とってもとっても甘露でした(笑)。

 

それから洗体されたわたしはお風呂の中で、極上の潜望鏡を味わいました。

 

中学時代から修行しているだけあって、彼女のお口の使い方は抜群でした。

 

でも、本当にすごかったのは、マット洗いのあとの本番です。

 

彼女のオマンコがどれくらい素晴らしかったか………すみません。

 

もう、これ以上書くスペースがありません。

 

それを知りたい中高年の皆さん!ぜひ直接ゆ○ちゃんを訪ねて確かめてください(笑)

 

最近更新した記事

【素人】久々にハメ撮り!美人な女子大生とパパ活でセックスして泊まってきました。デート費用3万5000円。


【素人】出会い系で知り合ったセックスレスの人妻とスグにヤレた!出会い系で知り合ってスグに待ち合わせてカフェで雑談してラブホへ。主婦の浮気が増えている理由が分かります。


パチンコに負けて売春してるOLさん…2回目はカラオケおごってタダマンさせてもらいました。