新着記事

石和温泉で夜遊び!石和クリスタル(ソープ)で風俗体験

最近更新した記事

【素人】久々にハメ撮り!美人な女子大生とパパ活でセックスして泊まってきました。デート費用3万5000円。


【素人】出会い系で知り合ったセックスレスの人妻とスグにヤレた!出会い系で知り合ってスグに待ち合わせてカフェで雑談してラブホへ。主婦の浮気が増えている理由が分かります。


パチンコに負けて売春してるOLさん…2回目はカラオケおごってタダマンさせてもらいました。


 

日本人ってとにかく「温泉」を偏愛しています。

 

しかし、だからといってもしその温泉の効能をきいて、

 

「よおし! そこの温泉で湯治をするぞー!」

 

と考える人はたいへん少ないでしょう。

 

それより多くの日本人男子は、

 

「よおし! 温泉につかってから、心ゆくまでマンコとたわむれるぞー!」

 

とチンコを勃起させてしまうのではないでしょうか(笑)。

 

実際日本国内にはそのような「温泉&オマンコ施設」がワンセットになった観光地がたくさんあります。

 

日本人男子的な発想のなかでは、なぜだか

 

「温泉で身体をあたためる」→「ご当地の酒と料理を堪能する」→「その勢いに乗じてご当地のオマンコも味見をする」

 

というふうに、温泉旅行とオマンコがひとつらなりになってしまっているんですね(笑)。

 

わたしはこの日本独特の「温泉&オマンコ文化」も、マンガやアニメ文化と並んで世界にうったえるべきたいへん重要な日本文化のひとつだと考えています(笑)。

 

もし、わたくしタコ社長の構想する「JAPANこっそりツアー」が実現したあかつきには、ぜひ外国人観光客に日本の「温泉&オマンコ文化」の素晴らしさを知ってもらいたい!

 

そう考えて山梨県笛吹市の石和(いさわ)温泉まで取材旅行に行ってまいりました(笑)

 

 

石和温泉までは東京新宿から特急かいじ号で約90分。

 

都心からとても近く、日帰り旅行に訪れる観光客も多い温泉地です。

 

しかし温泉地として歴史は比較的新しく昭和36年、ぶどう畑の真ん中から突然温泉が噴きだしたことに端を発しています。

 

おそらくそのときにぶどうをつくっていたお百姓さんたちが、

 

「よっしゃー! こうなったら温泉&マンコで村おこしじゃー!」

 

と盛り上がってしまい、それで現在のような「快楽的温泉地」へと変貌を遂げたのだと思われます。

 

実際メイン通りである「さくら温泉通り」を歩いただけでも、この温泉街の「ドメスティックな変態性」&「とんでもアンダーグラウンド性」が際立っています。

 

だって宿泊施設のほとんどがどうみたって「オマンコ仕様(部屋にコンパニオンを呼んでムフフ)」になっているし、長屋風に連なったスナック群はおそらく「ちょんの間的サービス」をおこなっている店なのだと思われます。

 

惜しむらくはかつては営業していた「石和秘宝館・石和ロマン」や「元祖国際秘宝館・石和館」などがすでに閉館してしまっていること。

 

タコ社長的には、ぜひ外国人観光客を秘宝館に案内して日本の「温泉&オマンコ文化」についての造詣を深めて欲しかった。それができないことが悔やまれます(笑)。

 

いやー、それにしてもこれくらいあからさまに「オマンコ専門の温泉地であること」をアピールしている観光地も珍しいです。

 

地元の中高生とか、この町でどういう青春時代をすごすのでしょうか。

 

余計なお世話ですが気になります(笑)。

 

ところが意外なことに石和温泉ではソープランドがほとんど営業していません。

 

こっそり旅行案内所でリサーチしたところ、現在営業しているのはわずか一軒だけとのこと。

 

というわけで今回は石和温泉(というか笛吹市内で)唯一のソープ「石和クリスタル」の潜入取材をおこなってまいりました。

 

 

 

このお店に在籍しているのは20代から30代前半のムッチリ女子が約10名。

 

いっときますがキャストに石和特有の「とんでも感」はありませんよ(笑)。

 

みなさん、美形で、色白で、そうとうグッドな女の子たちです。

 

料金設定は40分15,000円、60分20,000円、90分25,000円。

 

たいへんリーズナブルにオマンコ文化を堪能できる設定になっています。

 

今回わたくしのデカチンを、極上のオマンコテクで昇天させてくれたのは「モモ○ちゃん(21才)」でした。

 

「はじめましてー♪ 石和温泉にようこそー♪ モモ○でーす♪」

 

モモ○ちゃんはわたくしの大好きなおチビ女子でした。

 

それだけじゃなく、すごく色が白くて、小顔で、手足の長いモデル体型。

 

全体にとても細身でコンパクトなんですが、お乳だけはFカップの美巨乳さんです。

 

お顔の感じはでんぱ組.incの最上もがちゃん。いやー、わたくし的にはもういうことありません!(笑)

 

ところでどうしてこんなにおしゃれな感じの女の子が、このようなど変態温泉地に流れ着いてしまったのでしょう。

 

ま、そこらへんに触れるのはやめときましょう。

 

知ったところでチンコが気持ちよくなるわけでもありません(笑)。

 

「もしかして出張ですか? それとも慰安旅行で?」

 

「ううん。ぼく、一応東京で旅行社を経営しててね、いま外国人旅行者を対象に『JAPANおまんこツアー』っていうのを企画してるの(笑)」

 

「はあ? おまんこツアー?」

 

「うん。外国人たちに日本のオマンコの素晴らしさを知ってほしくて企画したんだ。どう思う?」

 

「石和の観光客が増えるならうれしいけど♪」

 

「モモ○ちゃんはいままで外国人とオマンコしたことある?」

 

「横須賀に住んでたとき、黒人とつきあっていたことならありますよ♪」

 

な、な、な、なにいい?! 黒人だって?!

 

わたくしども日本人は、黒人ときいただけで即座にチンコ的劣等感を刺激され、身構えてしまいます(笑)。

 

「やっぱり黒人ってチンコでかい?」

 

「うん♪ 身体もチンチンも超でかくて、ついでにいうと舌も長い♪」

 

「やっぱり感じる?」

 

「ふふふ♪ そりゃあやっぱり感じちゃいますよー♪ でも、嫉妬がひどくて殺されそうになったんで別れました♪」

 

うーん。やっぱりモモ○ちゃんがここに流れ着いたのにはいろいろ複雑な事情がありそうです。

 

「それじゃあお身体流しますー♪ こちらにどうぞー♪」

 

「はーい♪」

 

わたしは下腹まで反り返ったフル勃起チンコを揺らしながら浴室に入りました(笑)。

 

 

 

「あらー♪ お客さんだっておちんちんすっごく大きいじゃなーい♪ すごーい♪ コクジン並みー♪」

 

「そうかー。ぼく、そんなに大きいかなー。自分じゃ普通って思ってたけど♪」

 

わたしは内心ものすっごくうれしかったくせに、渋い男をよそおってそういいました。

 

「うふふ♪ わたし、大きいちんちん得意だから今日はうんと張り切っちゃいますね♪」

 

「そのまえにモモ○ちゃん、オマンコくぱあっとさせて」

 

「いいですけど……それがさっきいってたツアーとなにか関係あるんですか?」

 

「まったく関係ないけどくぱあっとさせて♪」

 

「(笑)いいですよ♪ わたしのでよかったらよおく見てください♪」

 

それじゃあお言葉に甘えて。

 

くぱあ。

 

お、おおおおおお! こ、このマンコは?! なんと「小づくりなオマンコ」なんでしょう!

 

モモ○ちゃんは体格に比例して、小陰唇も、クリトリスも、膣口も小さすぎます!

 

色も淡い桜色で、しかもそれらの形が見事に整っています。

 

まるで箱庭で丹精されたお花畑のようなオマンコです!

 

それにしてもこんな小さなマンコによく黒人のデカチンが入ったな。いや、それよりもこのマンコにわたしのチンコが納まるのだろうか…………。

 

「綺麗なマンコだけど、すごく小さいね。こんな小さいマンコでよく黒人とオマンコできたね」

 

「ふふふ。だいじょうぶ。わたしってすごく伸縮性があるんです♪ ちょっとみててください♪」

 

モモ○ちゃんはそういってふっと息を詰めて下腹に力を入れました。

 

すると、なんということでしょう! 密閉されていた膣口がかすかな音をたてて開きました!

 

なんていうか、それは池の中の鯉がパカっと口を開いたみたいな感じです!

 

でも、彼女のマンコ能力はそれだけじゃありません。

 

再びうっと息を詰めてアナルを絞りこむと、それと連動して開いていた膣口が吸いこまれるように閉じたのです!

 

な、な、な、な、なんて気持ちよさそうなマンコなんだ!

 

わたしは変幻自在なそのマンコに感動しました。

 

感動した勢いで、気が付くとマンコにむしゃぶりついて舌で揉んで捏ねていました(笑)。

 

「あ、ああああ♪ はあああ♪ そこ、気持ちいいいいい♪」

 

うううう。彼女が喘ぐたびにマンコが開いたり閉じたりしているのがわかります。そしてそのたびに熱い愛液が口の中に流れ込みます。

 

「あ、だめ! だめだめだめだめだめ! いく、いっちゃう! あ、ああああああああ!」

 

モモ○ちゃんのアナルがきゅきゅきゅっと引き締まり、同時膣口も陥没するように絞まっていきます。

 

絞りだされた愛液は極上のラムネードみたいにスイーツでした(笑)。

 

 

 

モモ○ちゃんみたいなおチビ女子とのマットプレイってほんと気持ちいいです。

 

小さな身体と大きなお乳がわたしの身体のうえを縦横にすべりまくって、全身の性感帯を刺激していきます。

 

その間もモモ○ちゃんは手とお口を使って、チンコやアナルへのマッサージを欠かしません。

 

とくに彼女がお口を使っているときの感触はワイセツでした。

 

長い舌のねっとり感、ヌルヌル感が、みるみるわたしの射精ポイントを引き寄せてきます。

 

モモ○ちゃんはその衝動をたくみに逃がしながら、チンコを限界まで硬くすると、いよいよクライマックスの本番の体勢を取りました。

 

「わたし、今日すごくあそこの調子がいいみたい♪ 抜かずの2発にチャレンジしていいですか?」

 

「いいよいいよ♪ なんでもチャレンジしちゃって♪」

 

「じゃあ、最初は我慢しないで、すぐだしちゃってくださいね♪」

 

モモ○ちゃんはそういうとお尻をおろし、ニュルルルルルンとわたしのデカチンをマンコに納めました。

 

う、ううううう! なんて心地いい弾力のマンコなんだ!

 

それだけでも極上の気持ちよさだったのですが、モモ○ちゃんがお尻を動かすとわたしのデカチンはマンコの弾力に揉まれ、捏ねられ、吸い取られるような感触に見舞われて、一気に射精の衝動が迫ってきます。

 

「あ、あ、あ、あ、あ! だめだ! モモ○ちゃん、ぼくもうでちゃうよ!」

 

「いいの! いって! だして!」

 

「お、おおおおお! いく、いくうううううう!」

 

実感ではものすごい量の精液を放っていたと思います。

 

実際チンコはしびれたような感覚だけがあって、いま勃起しているのかどうかさえわかりません。

 

「動かないで」

 

モモ○ちゃんはそういうと精神統一でもするようにじっと目をつむりました。

 

それからゆっくりとお尻を前後動かしながら、(さきほど実演してみせたように)すごいオマンコ力で、チンコを絞めつけ始めたのです。

 

わたしのチンコは絞めつけられるたびに血流がよみがえり、手ごたえのようなものがくっくりと感じられるようになっていきます。

 

「すごい! もう、硬くなってきた! ああ〜ん♪ 大きい〜♪ 大きくて気持ちいい♪」

 

モモ○ちゃんはマンコを絞めているうち、自分自身も感じてきてしまったらしく、お尻の動きも激しさを増していきます。

 

「あ、ああああ! だめ! わたし、またいっちゃう! 早く、早くきて! お願い!」

 

「いくよ! モモ○ちゃん、おれもまたいく! あ、ああああああ!」

 

こうしてわたしはめでたく二度目の絶頂をモモ○ちゃんと一緒に果たすことができました(笑)

 

最近更新した記事

【素人】久々にハメ撮り!美人な女子大生とパパ活でセックスして泊まってきました。デート費用3万5000円。


【素人】出会い系で知り合ったセックスレスの人妻とスグにヤレた!出会い系で知り合ってスグに待ち合わせてカフェで雑談してラブホへ。主婦の浮気が増えている理由が分かります。


パチンコに負けて売春してるOLさん…2回目はカラオケおごってタダマンさせてもらいました。


 

関連サイト

石和温泉旅館協同組合