新着記事

石川 片山津温泉の風俗!ソープキューティードール

最近更新した記事

【素人】久々にハメ撮り!美人な女子大生とパパ活でセックスして泊まってきました。デート費用3万5000円。


【素人】出会い系で知り合ったセックスレスの人妻とスグにヤレた!出会い系で知り合ってスグに待ち合わせてカフェで雑談してラブホへ。主婦の浮気が増えている理由が分かります。


パチンコに負けて売春してるOLさん…2回目はカラオケおごってタダマンさせてもらいました。


 

 

日本を訪れる外国人旅行者のテッパン観光地といったら、やっぱり「奈良・京都」ですよね。

 

つまり外国人には西日本の人気が高いんです。

 

でも、それはあくまで一般的なツーリストの場合。

 

わたしがいま構想している「JAPANこっそりツアー」(日本のオマンコ文化を巡るツアー)のツアー対象者はそういう「一般的ツーリスト」ではありません。

 

日本製の無修正アダルトビデオやロリコン漫画、ど変態アニメなどを通じて、日本のオマンコ文化に深くはまりこんでしまった外国人たちです。

 

わたしはそういう外国人たちに西日本ではなく、まず東北のオマンコ文化を紹介したい。

 

そう思っています。

 

なぜなら先日新潟に取材にいったとき、

 

「日本のオマンコ文化のルーツは東北にあり!」

 

そう確信したからです。

 

新潟の泡姫いず○ちゃんもいっていましたが、なにしろ厳冬期の東北には気楽に時間つぶしができるような愉しみがありません。

 

雪が積もったが最後、家にこもりオマンコして長い冬を乗り切るしかないのです。

 

早い話、オマンコをしている回数、時間、創意工夫などなど、オマンコに対する切実さが全然違うのです。

 

そのような過酷な自然条件を通じて東北には、より複雑で厚みのあるオマンコ文化が形成されていったのだと思います。

 

日本のオマンコ文化を探求するなら、やはり北だ。それも日本海側に位置した裏日本だ。

 

そう思い、今回は北陸の石川県に取材旅行に行ってまいりました。

 

訪れた場所は石川県加賀市、加賀温泉郷の一角、「片山津温泉」です。

 

 

ここ片山津温泉が本格的に開発されたのは明治時代。

 

加賀温泉駅を最寄り駅として、山代、山中など(それらを総称して加賀温泉郷と呼ばれています)とともに日本を代表する歓楽温泉のひとつとして発展を遂げていきました。

 

そうして全盛期の1980年には151万人のオマンコ愛好者が訪れましたが、バブル崩壊後の2007年には32万人にまで落ち込んでいます。

 

ところが柴山潟に面したここ片山津温泉だけが、歓楽温泉の面目躍如というか、現在でも約20軒ほどの店舗型ソープ店が営業をつづけているのです。

 

えらいぞ! 片山津温泉!

 

がんばれ! 片山津!

 

日本のオマンコ文化を愛する者として、わたしは片山津のオマンコ関係者に対し、共感と尊敬の念を抱くことを禁じえません!

 

では、その温泉地がどんな場所かというと、もうどこの街角にも昭和レトロな空気がたちこめています。

 

しかもあたりには、いかにも北陸ってっ感じのモノクロームな雪が積もっています。

 

なんででしょう。

 

この日本海側のうら寂しさは。

 

そして、なぜ心がうら寂しくなるとチンコが熱くなってしまうのでしょう(笑)。

 

わたしはこういうチンコの反応に、「オマンコ文化のルーツ」を感じてしまうのです(笑)。

 

というわけで今回は数ある片山津のソープ店の中から「キューティードール」というお店を選んでみました。

 

 

片山津の温泉街を通り抜けたあと、このお店に入店すると熱くなったチンコボルテージがさらに急上昇を始めてしまいます。(笑)。

 

だって在籍している女子たちの萌えレベルがはんぱありません。

 

新雪より真っ白いお肌をした20代女子たちが60名近くも待機しています。

 

料金設定は(入浴料、指名料2,000円)45分5,000円、60分6,000円、80分8,000円。

 

今回タコ社長のデカチンを、極上マンコで包んでくれたのは「リン○ちゃん(26才)」でした。

 

 

「こんばんはー♪ ようこそ、片山津へー♪ リン○です♪ よろしくお願いしまーす♪」

 

みなさん。

 

北陸を訪れるとなぜチンコが熱くなってしまうか、わたしはリン○ちゃんと出会ってようやくわかりました。

 

いっときますがリン○ちゃんは、それはそれは魅力的なルックスをした女の子です。

 

とんでもない美肌で、手足が長く、お顔の感じは女子アナの加藤綾子さん風。

 

それなのに加藤綾子さんなんかとは比べ物にならないくらい見事なお乳をそなえてます(笑)。

 

そういう女子といきなり対面するとこんなパニックに陥ってしまうんです。

 

え? ちょっと待て? こんなひなびた温泉街に、なぜこんな美形女子が生息しているんだ? そしておれは、なぜ彼女とオマンコできるんだ?

 

つまり彼女と出会った瞬間からわたしの中で「さえない中年男が旅先で美形女子のエロに巻き込まれる」という意外性に満ちたエロストーリーに巻き込まれてしまうんですね(笑)。

 

「片山津にはなにをしにいらしたんですか?」

 

「うん♪ じつはぼく、日本全国を旅しながら究極のオマンコを探しているんだ」

 

「ええ? なんですか、それ?」

 

怪訝に眉をひそめたリン○ちゃんに向かい、わたしは例によって「JAPANひっそりツアー計画」を力説しました。

 

「その計画最高です! もし片山津に外国のお客さんがやってくるようになったら町中が盛り上がりますよ! わたしたちだってリピーターになってもらえるように頑張っちゃうと思います!」

 

みなさん!

 

聞きましたか?!

 

日本の泡姫って本当に素晴らしい女の子ばかりです!

 

日本を知らない外国人男子たちに、オマンコでおもてなししたい。日本の極上のオマンコを世界にひろめたい。

 

なんていじらしい愛国的オマンコ精神ではありませんか。

 

日本政府はただちに「極上オマンコでお・も・て・な・し」という観光映像を制作してYouTubeにアップするべきだとわたしは思います(笑)。

 

「でも、もし外国からお客さんがきたらリン○ちゃんはどういうおもてなしをするの?」

 

「やっぱりいちゃいちゃプレイとパイズリとバキュームフェラですかね♪」

 

ううううう。聞いているだけで外国人客がうらやましくなります(笑)。

 

「リン○ちゃんがいてくれたらぼくのビジネス計画はきっと成功すると思う」

 

「うふふ♪ それじゃあ浴室のほうへどうぞ♪」

 

「はーい♪」

 

わたしはフル勃起チンコをぴたーっと下腹に張り付けながら浴室に入りました。

 

 

 

北陸を訪れただけで、なぜだか浴室内の「湯煙」もいっそうエロく感じられます(笑)。

 

実際湯煙の浮かんだリン○ちゃんの裸体は、この世のものとは思えないくらい美しいフォルムをしていました。

 

とくに美巨乳からくびれたウエスト、丸みをおびたハート形のお尻のラインが官能的です。

 

もし、外国人が彼女とお風呂にはいったら、彼女の裸体を目にしただけで射精してしまうと思います(笑)。

 

それに恥丘のふくらみもなだらかで、淡い陰毛が上品です。

 

丸見え状態の割れ目には色素沈着がまったくなく、つきたての丸餅みたいに真っ白で柔らかそうです。

 

これぞ、「Japanese omanko!」と叫びたくなるようなワイセツ感です(笑)。

 

もちろんわたしは恒例の「オマンコ鑑定」もおこたりませんでした。

 

「ええー♪ そこまでチェックするんですかー♪ いいですけど、うふふ♪ びっくりしないでくださいねー♪」

 

それじゃお言葉に甘えて鑑定させていただきます。

 

くぱあ。

 

お、おおおおおおお!

 

北陸のオマンコってなんていやらしい形状をしているのでしょう!

 

ピンク色をした小陰唇は分厚く、長く、よれよれに縮れながら膣口を取り囲んでいます。

 

それはまるで美しいイソギンチャクが獲物を待ち構えているように息づいています。

 

クリトリスはせり出した包皮によって完全に埋没しています。

 

その包皮に指を当て、クイっとうえにずらしてあげると、肉ひだの隙間からポークビッツ大の巨クリがむにゅうっと生まれてきました。

 

「リン○ちゃん、これはすごい! こんなでかいクリを生やした女の子は外国にだってめったにいないよ! もしぼくがツアーを始めたら絶対に『ビッグ・クリット・ガール』として売り出すからね!」

 

「うふふ♪ よろしくお願いしまーす♪」

 

彼女が笑うたびに巨クリもクイクイと動きます。

 

わたしはもう頭の中が真っ白になってしまい、夢中で彼女の巨クリに吸い付き、舌で揉んで捏ねました。

 

ううう〜ん。巨クリを舐めるたびにぐぐっとしこって、さらに硬く勃起していくのがわかります。

 

「あ、ああああ♪ そこ、だめですううう♪ 気持ち良すぎるうう♪ あ、ああああ!」

 

リン○ちゃんはわたしの口にぐいぐいマンコを押し付けながらアナルのしわを揉み合いました。

 

「あ、だめだめだめだめえええええ! いく、いっちゃう! あ、あああああああ!」

 

リン○ちゃんは両足をピーンっと突っ張らせていっちゃいました。

 

そのときマンコからピュピュっとおしっこが漏れたので、わたしはすかさずそれを飲んじゃいました(笑)。

 

甘い! 甘すぎる聖水です!

 

「だったらもっと飲みますか?」

 

リン○ちゃんのお言葉に甘えて、わたしは床に寝転んで「人間便器」となり、お口にむかって本格的に放尿してもらいました(笑)。

 

「北陸の美味しい聖水」

 

わたしは外国人たちにぜひこの聖水も味わってもらいたいと考えています(笑)。

 

 

 

そのあとはいよいよリン○ちゃんの「マンコのおもてなし」が開始されました。

 

北陸の女の子ってやっぱり(寒いから)脂肪の質が関東の女子と違うんでしょうか。

 

わたしの身体の上をすべるお乳やお尻のすべすべ感やもちもち感が圧倒的に心地いいです。

 

ついでにいうとリン○ちゃんって「舌の動き」が特別に敏捷なんですね。

 

まるで蜂が羽ばたくように舌先を高速に振動させながらわたしの乳首、脇腹、金玉袋、アナルなどを刺激してきます。

 

「あ、う、うううう……!」

 

わたしはただ腰を浮かせながら悶絶するばかりです。

 

そうしてチンコの硬度が限界まで高まったところで、いよいよパイズリの開始です。

 

それだけじゃありません。

 

リン○ちゃんは美巨乳でチンコを捏ねまわしながら、バキュームフェラを併用してくるのです。

 

こ、こ、こ、これはたまりません!

 

「あ〜ん♪ チンチン大きい♪ 食べたくなっちゃう〜♪」

 

わたしのチンコは次第にしびれたように感覚がマヒしてきました。

 

い、い、いかん! これではいってしまう!

 

と思いましたが、もちろんリン○ちゃんが簡単にいかせるはずがありません。

 

彼女は「いく寸前のもどかしさ」をキープしながら絶妙の「パイズリ&フェラーリ」を繰り返してきます。

 

そうしてわたしの身体中の性感帯が全開になったところで、最後の本番プレイを展開してきました。

 

わたしはこのときかつて味わったことのない「イソギンチャクマンコ」の快感を体験しました(笑)。

 

わたしのデカチンは若干の弾力に押し返されながら、ムニュニュニュニュニュウっと彼女のオマンコの中に吸い込まれました。

 

う、うううううう。なんて熱くて、締りのいいマンコなんだ!

 

それだけでも極上の気持ちよさでしたが、彼女がお尻を動かし始めると、その快感の質がさらにレベルアップしていきます。

 

彼女の分厚くて長い小陰唇が、チンコに絡み、巻き付いてくるのです。

 

「あ、あああ! だめだあ! リン○ちゃん、そんなことしたらぼく、もういっちゃうよおおおおお!」

 

それでもリン○ちゃんは「寸止め」によってめいっぱい射精のタイミングを引き延ばし、わたしはとてつもない量の精液を彼女のオマンコに打ち込みました(笑)

 

最近更新した記事

【素人】久々にハメ撮り!美人な女子大生とパパ活でセックスして泊まってきました。デート費用3万5000円。


【素人】出会い系で知り合ったセックスレスの人妻とスグにヤレた!出会い系で知り合ってスグに待ち合わせてカフェで雑談してラブホへ。主婦の浮気が増えている理由が分かります。


パチンコに負けて売春してるOLさん…2回目はカラオケおごってタダマンさせてもらいました。