栃木宇都宮のソープ!バニーコレクションの体験記

北関東の出張がつづいています。

 

茨城県の取材を終えると、今度は栃木県宇都宮に移動しました。

 

宇都宮といえば………すみません。

 

わたし、餃子しか思い浮かびません(笑)

 

いったい宇都宮に観光する場所なんかあったっけな?

 

と思ったんですが、実際に現地におもむき市内をまわってみると、なかなか味わい深い観光地が意外なくらいたくさん存在していました。

 

パワースポットとしても有名な「二荒山神社」や「大谷寺」。

 

今回の出張でわたしは初めて「大谷石採石場跡」を知ったのですが、石切り場のロケーションがすごいっす! 

 

大谷石採石場跡

 

江戸時代にタイムスリップしたような気分に浸れますよ!

 

家族連れには「道の駅うつのみやろまんちっく村」「宇都宮動物園」「とちのきファミリーランド」「八幡山公園」などがお薦めです。

 

「宇都宮タワー」に上がれば宇都宮市街を一望できますが、まあ、こういっちゃなんですが宇都宮を一望したからといってとくに面白くはありません(笑)。

 

というわけでその後は観光をやめて食べ歩きに徹しました。

 

わたくしにいわせると宇都宮って「B級グルメの町」といっていいんじゃないでしょうか。

 

筆頭はやはり「みんみん」「正嗣」「めんめん」など餃子の専門店。

 

さの

 

それから「佐野ラーメン」。

 

意外だったのは宇都宮市民が餃子と同じくらい「焼きそば」をソウルフードにしているってこと。

 

しかも焼きそばのメニューがとってもカラフル。

 

だってみなさん、「スープ入り焼きそば」なんか食べたことがありますか? その名の通り、スープの中に焼きそばが入っているメニューなんですが、「それ、焼きそばじゃなくね?」って話ですよね?(笑)

 

宇都宮焼きそばメニューはそれだけにとどまりません。「やきそばバーガー」「ジャガイモ入り焼きそば」など、宇都宮市民はなんでもかんでも焼きそばをアレンジしてしまっています。

 

あと、宇都宮特有のレシピといったらやはり「ニラそば」でしょうか。

 

はい。普通の盛りそばのうえに大量のニラが載っている、ただそれだけの日本そばです(笑)

 

いや、食べてみるとあんがい美味いんですが。

 

「これ、ニラが採れ過ぎたから載っけるだけじゃね?」という疑いも払拭できません(笑)。

 

その他にも「しもつかれ」「アイソの田楽」「かんぴょう料理」「栃木和牛」など、伝統的郷土料理もとっても美味です。

 

そうして腹がいっぱいになると例によってわたしのチンコも膨らみます。

 

オリオン通り

 

今回は宇都宮駅の西側、オリオン通りにあるソープ「バニーコレクション」を利用してみました。

 

まずはこのお店のコンセプトを。

 

「ハイステイタスなサービスとドMの融合……男のフェチ心を満たすプレイの数々はもちろん妄想がリアルに追求できます。

 

宇都宮初! 新感覚ソープランド!

 

バニーコレクション

 

数あるコスチュームの中でも、バニーガールほど、セクシーでいてゴージャス、そしてキュートなコスチュームは無いでしょう!」

 

もちろん1番重要なのはコスチュームではなく、それを着る女性のクオリティーです。

 

でも、ノープロブレム。

 

このお店の女子のレベルは餃子以上です(笑)。

 

20代のキラキラ女子が60名以上在籍しています!

 

料金設定は45分4,000円、60分〜6,000円。延長30分13,000円。(お任せ割り、秋バニ、早バニなど、割引企画多数。詳しくはHPで)

 

今回わたくしのデカチンをヌルヌルマンコでぐちゅぐちゅにしてくれたのは「イオ○ちゃん(24才)でした。

 

「はじめましてー♪ こんばんはー♪ イオ○でーす♪」

 

バニーコレクション

 

じつはわたしは、コスプレにはさほど反応しない中年男なんですが、イオ○ちゃんのバニー姿にはかなりチンコがピクついちゃいました(笑)。

 

いやー、これほどバーニー姿がさまになる女子も珍しいんじゃないでしょうか。

 

北川景子似のお顔。そのお顔がとても小さく、脚がウソみたいに長いです。それでもってお乳はとんでもない美巨乳さんです。

 

そのボディとバニーの組み合わせが最強です。

 

「ものすごくバニー姿が似合ってるね♪」

 

「そうですかー♪ わたし、バニーだけじゃなくてコスプレ大好きなんですー♪ この間のハロウィンでもスーサイドスクワットのハレイ・クインをやっちゃいましたー♪」

 

ハレイ・クイン? 誰ですか? それは? おっさんにはさっぱりわかりません。

 

「なにか好みのコスプレとかあったんですか?」

 

「そうねー♪ ぼくは裸にエプロンが一番いいかなあー」

 

「あー、それ、昔付き合ったひともよくいってたー(笑)」

 

「そのリクエストには応えたの?」

 

「そりゃー応えますよー♪ でも、あれ、やってみると意外と恥ずかしー♪」

 

むふ♪ むふふふふ♪ 裸でエプロン姿のイオ○ちゃんを想像しただけで、チンコがみるみる火照ってきます。

 

「それじゃあ身体を流しまーす♪ どうぞー♪」

 

「はーい♪」

 

わたしはフル勃起したチンコをビヨンビヨン跳ね上げながら浴室に入りました。

 

 

 

バニーの衣装って、コルセットのような効果もあるって聞いたことがあります。

 

つまりバニーの衣装を着ているだけで身体のラインを矯正しているんだとか。

 

でも、イオ○ちゃんはバニーの衣装を脱いで素っ裸になっても、スタイルにまったく遜色ありません。

 

っていうか絞めつけられていたお乳やお尻が拘束から開放されて、身体のラインがよりエロエロしくなったような気さえします。

 

やはり生の美巨乳がはなつエロパワーってすごいっす♪

 

わたしのようなおじさんは本当に不思議なんですが、なぜ最近の日本人女子はこれほどまでに巨乳女が増えたんでしょうか。

 

わたしが若いころにもたしかに巨乳はいましたが、その多くはデブ、もしくはポチャでした(笑)。

 

でもイオ○ちゃんは違います。

 

ウエストなんかキュウっとモデル並みにくびれていて、それなのにお乳のお肉だけが盛り上がっているんです。

 

しかもまったく垂れていません。乳首がツンと上向いています。

 

お尻の肉付きもいいですねえ。でも、太ももから急に細身になっていて、ちょっとミランダ・カーを思わせる外人体形です。(でも、背はわたしの好きなおチビです)

 

恥丘のなだらかなふくらみもいい感じです。その恥丘には健康的なフサフサの陰毛がそよいでいます。

 

「わたし、お肌が弱くてカミソリで剃ると肌荒れしちゃうんですう♪ 本当は全身脱毛したいんですけど、なかなか踏ん切りがつかなくって♪」

 

「いやいや脱毛なんかしないほうがいいよ♪ 昭和のおじさんは毛深いマンコも大好きなんだから♪」

 

「へえー♪ そういうもんですか?」

 

「うん♪ 思春期のころは、女の子の毛が見たくて見たくて、異様なくらいヘアヌード写真集に飢えていたからねえ♪ そのころの名残なのかなあ♪」

 

「うふふふ♪ 昭和のおじさんっておおらかでいいですね♪ じつはこの仕事もおじさんのお客さんのほうがぜんぜんやりやすいんです♪」

 

「そう? じゃあ、ついでにオマンコくぱあっとしてくれる?」

 

なにが「ついで」なのかよくわかりませんが、わたしはそう頼んでみました(笑)

 

 

「びっくりしないでくださいね? いいですか? いきますよ♪」

 

くぱあ。 お、おおおおおお!

 

びっくりしないでっていうから、どんなグロマンなのかと身構えていたら、彼女はとんでもない美マンでした。

 

少し長めの小陰唇が綺麗なカーブを描いて膣口を取り囲んでいます。しかもその色は少女のように綺麗なピンク色です。

 

そのピンク色と黒々と密集した陰毛との対比が強烈にエロいです!

 

「すごいじゃん! めっちゃ綺麗なマンコじゃん!」

 

「そうですかあ? 自分ではグロいと思うんですけど♪」

 

「こんな風にバタフライ状に整っているマンコってめったにないよ!」

 

「うふふふ♪ そういってもらえるとうれしいですけど♪」

 

わたしが包皮に指をあて、それを上にずらしてみると、そこからミディアムサイズのクリトリスがムニュウっと生まれてきました。

 

そのクリがかすかにクイクイと動いています。

 

わたしはもうたまらなくなってクリに吸い付いて舌で揉んで捏ねちゃいました(笑)。

 

「あ、ああああ♪ だめですよお♪ 先にいかせないでくださーい♪」

 

とかなんとかいっちゃってイオ○ちゃんは自分からお尻を前後に揺さぶって、わたしの口にクリを押しつけてきます。

 

結局イオ○ちゃんは間もなくおしっこをチビらせながら、

 

「あ、やめないで! いく、いくいくいく! いくううううう! あ、あああああ!」

 

わたしのハゲ頭を鷲掴みにしていっちゃいました(笑)。

 

 

 

「よおし♪ 今度はわたしがリベンジしちゃうぞお♪」

 

勢いに乗ったイオ○ちゃんのご奉仕は強烈でした。

 

「大きい! わたし、大きいチンチンだーいスキ!」

 

かわいいお口を目いっぱい開いてわたしのチンコを包み込むと、長い舌を縦横に絡ませてきます。

 

こ、これは!?

 

まるでわたしのチンコに熱いウナギとドジョウが巻き付いているような極上の快感です!

 

さらにイオ○ちゃんはフェラと交互にパイズリの合わせ技を繰り出してきました(笑)。

 

美巨乳に包まれたチンコは早くも痺れてきました。はい。射精寸前です。

 

しかし、もちろん「寸止め」を熟知したイオ○ちゃんはそう簡単にはいかせてくれません。

 

「いくギリギリ手前」をキープしながら、わたし乳首やアナルやキン玉袋を絶妙の手つきで刺激してきます。

 

わたしにできることといったら、もう悶絶するだけでした(笑)。

 

そして極めつけは、やはり彼女のオマンコです。

 

巨乳の女子ってマンコのお肉もたっぷりしているんですね。

 

わたしのデカチンは彼女の弾力のある肉に包まれ、絞めつけられ、揉んで、捏ねられました。

 

「ああん♪ わたし、またよくなってきちゃった♪ きてえ♪ 一緒にいって♪ 早くう♪」

 

イオ○ちゃんがわたしの恥骨にグチュグチュとマンコをこすりつけながらせがんできます。

 

たしかにわたしももう限界でした。

 

「イオ○ちゃん、ぼく、いくよ! あ、ああああ! でる、いく!」

 

「あ、あああああああ!」

 

わたしたちはめでたく一緒に果てることができました。

 

あまりの気持ちよさにわたしのチンコはいつまでもドクンドクンと脈動がとまりませんでした(笑)